読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新卒・女】新聞配達員の一日のスケジュールを公開するよ!

こんにちは。前向きに悩んでいる人を応援したい!はぴ・ぽじです。

実は、私、新卒で、しかも、女なのに、

新聞配達の仕事をしています。

そこで、今日は、新聞配達員(正社員)の一日について紹介します!!

AM1:00 起床

携帯のアラームの音を聞いて、目が覚めます。

AM1:30 家出発

会社までは、バイクで5分。星空のもと、颯爽とバイクを走らせるのは気持ちが良いです。

AM2:00 地方紙到着

大体、1:50~2:00の間に、地方紙が到着します。

車が到着したら、新聞を車からおろします。

新聞は意外と重いので、体力が必要です。

新聞は、60部あるいは75部ずつ、ビニールにくるまれています。

そのひとかたまりのことを、「1(ひと)梱包」と言います。

梱包のビニールを外したら、新聞にチラシを入れていきます。

チラシ入れは、『素早く』『美しく』を意識しています。

AM2:35 東京紙到着&組み作業

チラシ入れが終わり、一息ついていると、東京紙が到着します。

それらも車から下ろし次第、チラシをはさんでいきます。

それから、「順路帳」という、顧客名、住所、新聞銘柄などが書かれた冊子をもとに、 新聞を配達順に組んでいきます。

この時は、組み間違いがないように、全神経を集中させています。

AM3:15 出発

組み作業が終わり、バイクに新聞を積んだら、いざ出発です。

『早く、丁寧に、愛を込めて』配達するよう心掛けています。

約250件のお家に一軒一軒新聞を届けます。

新聞をポストに入れておしまい!ではなく、その新聞を受け取るお客様の姿を思い浮かべると、 疲れも吹っ飛びます。

AM5:30 配達完了

最後のお家まで、新聞を届け終わったら、一度支店に戻ります。

この仕事は、個人の作業がメインで、時に孤独を感じることもありますが、 支店の人に会うとホッとします。

AM6:00 帰宅

配達で使った道具類を片付けたら、家に帰ります。

私は、家に帰る前に、無人販売巡りをするのが日課です。

たった5分程の帰り道ですが、

なんと4、5件の無人販売があるので、ついつい立ち寄ってしまいます。

新鮮なお野菜と、野菜を売っているおじさんとの立ち話がいつも楽しみです。

AM6:30 シャワー&就寝

配達後に浴びる熱いシャワーは格別です。

汗を流したら、テレビを見たり、音楽を聴いてリラックス。

そのまま、一度目の就寝に入ります。

AM10:00 起床

目が覚めたら、洗濯物を干したり、朝食兼昼食をとったりします。

PM0:30 家出発

出勤したら、職場の先輩とおしゃべりします。

人生経験豊富な先輩方が多いので、話を聞いているのも楽しいです。

PM1:00 昼礼

普通の会社では「朝礼」だと思いますが、 職業上、私の会社では「昼礼」を行います。

「昼礼、昼礼」と言いなじんでしまっているので、 「ちゅうれい」と打っても漢字が変換できなくて、ビックリしてしまいました。

PM1:30 メール便の配達&自区域周り

私の会社では、新聞配達に加えて、 メール便の配達の請け負っています。

そのため、昼礼後は、メール便を配りにいって、そのついでに 自区域のお客さんと雑談をしてから帰ってきます。

PM2:40 夕刊到着

夕刊も組み次第、出発します。 夕刊は朝刊に比べて薄いので、配りやすいです。 配達中、お客さんや地域の方に会って、声を掛けていただくとやる気が出ます。

PM5:00 夕刊配達完了

一度支店に戻ります。

PM5:10 営業、集金など

広告を非表示にする